社会人に求められる良好な対人関係構築のテクニックについて

同じ内容でも話し方で印象は大きく変わる

ビジネスの現場において、見知らぬ相手でも良好な関係を築くことが出来るコミュニケーション能力は高く評価されます。特に重要な取引に関わる相手と良い関係を構築するのは社会人の必須スキルですが、その一方で他者とのコミュニケーションが上手く取れない人がいるのも事実です。俗にコミュ障と呼ばれる、他者と接するのが苦手な人はビジネスの現場では良い成果を上げるのは非常に困難です。会社組織に不要な人間と見なされる可能性もあるので、苦手意識を克服することが重要になります。他者との会話はおろか、視線を合わせることも苦手に感じる人は多くの場合、自分の話し方に問題があると思い込んでいるのが原因です。

他者とのコミュニケーションを図る方法として会話は非常に重要なポイントになります。同じ内容でも話し方で相手に与えるイメージが大きく変わるためです。一般的に声が大きく、勢いのある話し方であるほど人は関心を抱く傾向があります。また、滑舌が良くはっきりと聞き取れることも重要です。コミュニケーション能力が高いと評される人は殆どが自信のある、はっきりとした話し方で会話を行っています。逆にコミュ障と呼ばれる人は声が小さく滑舌も悪い傾向があります。相手の問いかけに対して怯えたような態度を取るのもコミュ障の特徴の一つです。人は話の内容よりも話し方や声の大きさで事の良し悪しや真偽を判断することが多いことから、コミュニケーション能力に不安を感じている人は自分の話し方に問題がないかを確認することが大切です。

高圧的過ぎても迎合しても良くない

他者とのコミュニケーション能力が高い人は自分に自信があり、どのような時でも胸を張ってはきはきと話す特徴があります。その一方で闇雲に力強いだけではなく、状況に応じて話し方や態度を変える柔軟性も備わっているのが普通です。下手に高圧的な態度を取ると反発され、遂には拒絶されることも珍しくありません。上から押し付けられるような感覚を覚える相手には本能的に反発するのが人の心理です。自分では普通に話しているつもりでも相手が悪く受け取ってしまうことも少なくないことから、会話の間でも常に表情や言葉のトーンに気を配るのが対人関係を損なわないための心得になります。特に相手が自分より年上の場合は自分が一歩下がってへりくだる姿勢を見せるなど、プライドを損なわない配慮が不可欠です。

その一方で余りへりくだり過ぎるのも良くありません。極端な謙譲は媚びや迎合と見なされるおそれがあり、一方的な上下関係が出来上がる原因にもなるためです。ビジネスの現場は双方が対等な関係であることが健全なので、相手を敬いつつも過剰に持ち上げず、自分の側も卑屈にならないように接する姿勢が求められます。特に社会常識や道徳に関わる事柄については、相手の意見を決して全否定はせず、その一方で誤りは訂正するのが賢い方法です。

態度の良し悪しが印象を左右する

良好な対人関係を築くことが出来ない人は年齢や性別、職業に関係無く態度に問題がある点が共通しています。多くは相手に対して攻撃的と見なされる態度を取っているのが原因ですが、当の本人にはその自覚が殆ど無いのが大きな問題です。心理学的には腕や足を組んだり頭を左右に振る仕草は相手を拒絶する意味があります。また、爪を噛んだり耳たぶを触る行為は相手に関心が無い、退屈している意思の表れとされているので、癖になっている人は注意が必要です。かつては話をする際は相手の目をしっかり見るのがマナーとされていましたが、力強く相手の目を直視するのは攻撃的な態度と見られるおそれがあるので避けるのが無難です。逆に露骨に視線を逸らすのも相手に不快感を与えてしまうことから、会話の際は相手の口から喉の辺りに視線を向けるのが良好な対人関係を構築するコツになります。

社員採用へのご応募・お問い合わせ

お電話の受付・メールの返信は、店舗スタッフではなく人事部の女性スタッフが対応しますので、給与面や待遇など些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL:0120-879-490(受付時間:平日10時~17時 ※通話無料)

仕事内容をもっと見てみる