女性社員とのビジネスコミュニケーションを円滑にするポイント

女性社員とのビジネスコミュニケーションを円滑にするポイント

男女のコミュニケーションの違いについて

女性社員とのコミュニケーションが難しいと考えている男性は少なくなく、どのようにコミュニケーションを取れば円滑に業務を進められるのか・成果を挙げられるのか悩んでいる人も増えてきています。
そこでまず考えなければいけないのが、男女のコミュニケーションに関する意識や目的の違いです。実は男女ではコミュニケーションに対する考え方や目的が異なっており、同性と同じようにコミュニケーションを図ろうとすると思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。特に女性の場合は男性のコミュニケーション方法では良好な関係を築けないことが多いため、女性のコミュニケーションを理解することが大切なのです。

例えば男性の場合、ビジネスシーンでもプライベートでもコミュニケーションは「目的を達成させるための手段」として捉えています。
そのため意見交換の場であったり信頼関係を築くためのツール、的確なアドバイスを受けるための手段としてコミュニケーションを利用しています。ビジネスシーンにおいてはそのような部分が顕著に見られており、コミュニケーションには結果が伴うものだと認識している人がほとんどです。
それに対して女性の場合は、コミュニケーションは手段ではなく目的であり、人と関わるためのものであると認識している傾向があります。このためコミュニケーションの内容に結果やアドバイスは求めておらず、お互いに共感し合うことで仲間意識を維持することが重要だと考えているようです。

このように男女ではコミュニケーションに対する考え方が大きく異なるため、その点を踏まえた上で女性社員とのビジネスコミュニケーションを図る必要があります。特に女性はコミュニケーションにおいて気持ちの共有ができるかどうかを重視しているので、その部分を理解しておくだけでもビジネスコミュニケーションの質が変わってくると考えられています。

女性社員と円滑にコミュニケーションを取るためのポイント

女性社員とのコミュニケーションを取る際には、いくつかのポイントがあります。
例えば男性同士であれば相手の意見を否定したり意見を出すことで円滑にコミュニケーションを図ることが可能ですが、女性の場合は自身の意見を否定されることや反論されることを好まない傾向があります。そのため相手の意見や考えに共感の姿勢を示すことで仲間意識を持ってもらいやすく、チームワークを向上させることができます。
またビジネスシーンでのコミュニケーションには結論が必要ではありますが、女性社員とのコミュニケーションでは結論を出すなど話をまとめるよりもただ傾聴する姿勢の方が好まれやすいようです。そうすることで自分の話を聞いてもらえるという満足感を与えることができるため、信頼を得られやすく結果的に仕事上でも協力してもらいやすくなります。

ほかにも、男性社員の中には女性社員はサポートしたり助ける必要があると考えている人も少なくありません。また女性社員をサポートすることで自身の評価を挙げたいと考えている男性社員もいますが、実はこのコミュニケーションは結果的に女性社員から「自分を馬鹿にしている」と受け取られかねないようです。
そうでなくても過剰なサポートは女子社員自身にとっても良くないものだと言えるので、必要以上のサポートをしようとするコミュニケーションは避けた方がいいでしょう。

さらに女性は変化に敏感に気づく傾向から、自身の変化にも気づいてほしいという欲求を持っています。そのため相手の変化に気づいてそれをコミュニケーションの中に織り交ぜることで、女性社員とのコミュニケーションを活発にすることができます。コミュニケーションが活発になれば情報交換も気軽にできるようになるため、男性が望むコミュニケーションの形も取りやすくなるのです。

社員採用へのご応募・お問い合わせ

お電話の受付・メールの返信は、店舗スタッフではなく人事部の女性スタッフが対応しますので、給与面や待遇など些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL:0120-879-490(受付時間:平日10時~17時 ※通話無料)

仕事内容をもっと見てみる