できる人になるにはコミュニケーション能力を高めよう

できる人になるにはコミュニケーション能力を高めよう

相手の話をよく聞くことがコミュニケーションの基本

仕事を円滑に進めるために最も大切なのはコミュニケーション能力だと考える人は少なくありません。学生時代は人間関係で妥協できる部分が多いですが、社会人になると苦手な人とも関係を持たなくてはいけなくなります。コミュニケーション能力を高める上で一番大切なのは、相手の話をよく聞くことです。話好きの男性は相手の会話をあまり聞かなくなる傾向があり、相手に不信感を与えかねません。会話をする上で大切なのは言葉のキャッチボールが円滑に進むことで、会話上手な男性は特に聞くことにウエイトを置いています。話を聞くときは相槌を打つしぐさで、話を聞いていることをアピールすることができます。

信頼関係を得るためには、相手とじっくり話すことが大切です。会話すればするほど相手の性格が見えてきますし、気心も知れてくるでしょう。特に営業成績のよい営業マンはコミュニケーション能力が優れており、人から好かれやすいです。人から嫌われるよりも好かれたほうが、仕事が円滑に進むのは間違いありません。ただ好かれるために八方美人になると自分を見失ってしまい、自分のキャラがわからなくなってきます。好かれるのが難しいという人は、嫌われないように意識するとよいでしょう。

質問から会話の幅を広げていく

会話が長く続かなくて困っている人は、質問を効果的に活用してみましょう。食べ物や出身地などの定番ネタでもよいので、質問を投げかけてみるのです。コミュニケーションとは相互のキャッチボールであり、一方だけ話していては成立しません。話すのが苦手な人には質問が効果的ですので、いろいろと聞いてみるとよいでしょう。質問から会話のバリエーションが広がり、会話を重ねることで信頼関係が構築されていきます。人間は心と心で分かり合えると言われていますが、これは気心が知れた相手だけです。

コミュニケーション能力を上達させるためには、会話を続けることを意識してください。コミュニケーション能力が高い人の特徴は、人に慣れていることです。人間観察をする癖があったり、人に興味を持ったりできる人は、その性格からコミュニケーション能力が自然と磨かれていきます。人間嫌いでうまく会話できないという人は、単に会話量が少ないだけかもしれません。人間の持って生まれた性分は簡単には変えられませんが、性格は環境が作り出すものです。積極的に周りと関わりを持つように意識すれば、必然的にコミュニケーション能力は上がっていきます。

相手の感情を考えながら接すること

コミュニケーション能力が低くて悩んでいる男性に多く見られる特徴として、相手を不快にしてしまうことが挙げられます。相手の感情をよく考えないで話してしまう人は、相手から敬遠される原因を作っています。自分が発した言葉に対して、相手がどう思うのか考えてみることが大事です。会話上手とおしゃべり好きはまったく意味が異なり、後者は相手のことを考えずに言葉を発してしまう可能性があります。早口の人は相手を傷つけることが多いと言われていますが、これはよく考えずに話してしまうためです。意識してゆっくりと話すようにすれば、頭の中で会話の内容を整理できるでしょう。

ひとたび発してしまった言葉は、あとから撤回することができません。言葉は考えていることがそのまま発せられたものです。例えば相手を馬鹿にするような発言をした場合、自分でそのように考えていたからセリフとして出てきたのです。コミュニケーション能力が低いと自覚している人、相手をたびたび傷つけてしまう人、なぜか友達ができない人などは、自分の言葉を振り返ってみましょう。言いたいことを言うのと、必要なことを話すのとではまったく意味が違ってきます。ついつい嫌味を言ってしまう人、ひとこと多い人などは特に注意してください。

社員採用へのご応募・お問い合わせ

お電話の受付・メールの返信は、店舗スタッフではなく人事部の女性スタッフが対応しますので、給与面や待遇など些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL:0120-879-490(受付時間:平日10時~17時 ※通話無料)

仕事内容をもっと見てみる