不景気に強いと言われている業界とそれぞれのポイントについて

普段の生活に欠かせない業界は不景気に強い

一般的に不景気に強いと言われている業種は、普段の生活の中で欠かせない商品やサービスを取り扱っている傾向があります。もし不景気や不況が原因で生活に欠かせない業界が消えてしまったとしたら、そもそも一般社会での生活が成り立たなくなってしまうでしょう。そのため、どのような不景気な状況であっても、日常的に利用されている商品やサービスを取り扱っている業界は一時的な危機に陥ることはあるかもしれませんが、最終的には立ち直ると考えられます。中でも食に関する業界である飲食業や食品産業はビジネス性も高く、人間の三大欲求の一つを満たす役割を果たしていることから不景気にも強いとされています。ただ企業や経営の面で競合が多いことから人員確保が難しいという面があり、その点で不景気や不況を実感することも少なくないようです。他にも不動産業や通信業、鉄道やライフラインに関連した業界も不景気になって利益が落ちることはあっても、普段の生活には欠かせないことから不景気に強い業界として知られています。

生命に関わる業界は不景気のあおりを受けにくい

保険業界や医療業界など人の生命に関わる業界も不景気に強い業界です。例えば、保険業界の場合はあくまでも万が一に備えておくためのものなので、一見すると不景気の影響を受けやすいのではないかと思われがちです。実際には不景気だからこそ、万が一に備えて保険に加入しておきたいと考える人が増えやすく、健康面や死に対する恐怖をうまくビジネスに転換している保険業界はむしろ注目を集めやすいとされています。中でも生命保険関連の業界は不景気であっても出費を惜しまない人が多いと言われているほか、預金感覚や年金の積み立て感覚で利用する人も増えてきています。

そして、医療業界の場合は不景気であっても、健康状態の維持や改善に努めたいと考える人は少なくありません。どうしても不景気でお金がないという人の場合は利用を控えることもありますが、それでも多くの人は健康になって生活するために病院などを利用しています。このような点から景気に関係なく安定した業界だと考えられていて、資格が必要な場合も多いですが比較的取得しやすいものが多いところも魅力となっています。

娯楽に関係する業界はストレス発散目的での需要が高い

一般的に不景気に強い業界とは、普段の生活に欠かせない商品やサービスを提供しているところだとされていますが、娯楽関係の業界は一般社会において優先順位が低いにも関わらず、不景気や不況に強い業界だと言われています。中には不景気が原因で立ち行かなくなっている業界もないわけではありませんが、娯楽を取り扱っている業界全体が不景気の悪影響を受けているわけではないようです。これは人間にとって娯楽商品やサービスを利用することがストレス発散に繋がっているためだと考えられていて、ストレスを発散することによって社会の中で生きていくことができるとされています。

代表的な業界として挙げられているのが、インターネット分野の業界です。インターネットはパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットを利用して世界中の人たちが楽しむ娯楽サービスであり、娯楽以外にビジネスの側面も有しているという特徴があります。そのため、多種多様な人たちからの需要が高まっていることから、今後安定して提供されていくサービスとしてビジネスに活用している業界も少なくありません。他にもゲーム業界やパチンコなどのギャンブルに関連する業界も衰退している部分はあるものの、不景気には強い傾向があると考えられます。

不景気に強い業界へ転職する際の注意点

このように、一般的な社会生活を送る上で欠かせない商品やサービスを取り扱っている業界は不景気や不況に強いだけでなく、どのような経済状況でもある程度安定しているというメリットを持っています。他にも不景気や不況による悪影響を避けることができる点や給与面でも安定している点などから転職先としておすすめです。ただ、ここで注意しておかなければいけないのが、これらの業界が働きやすいかどうかは別であるということです。例えば、飲食業界は不景気に強いとされているものの、安直な起業や独立、系列店舗の乱立などの理由で人員を確保することが難しくなっているようです。そのため、実際に働くとなると人手不足による忙しさなどを実感するという人も多いですし、飲食業界の中にも様々なジャンルがあるのでどのようなジャンルで活躍すればいいのかわからないという人もいます。また、医療業界も慢性的な人手不足が深刻な問題となっているなど、業界によっては不景気とは関係なく様々な問題を抱えていることも少なくありません。

ただ、その分やりがいを感じる人も多く、資格を取得することでさらに上の役職や業種を目指すことができるなど自身のキャリアアップにつなげることができるものもあります。そのため、不景気に強い業界に転職する場合は働く観点でどのようなメリットやデメリットがあるのか、自分のキャリアアップにどのように繋げていくのかを検討することが大切です。

社員採用へのご応募・お問い合わせ

お電話の受付・メールの返信は、店舗スタッフではなく人事部の女性スタッフが対応しますので、給与面や待遇など些細なことでもお気軽にご相談ください。

TEL:0120-879-490(受付時間:平日10時~17時 ※通話無料)

仕事内容をもっと見てみる