11チャンネルグループ|男性スタッフ採用情報サイト

風俗業界の就職・転職(中途採用)なら業界大手の「11チャンネルグループ」

ベネフィットって何?スマホ普及で変化したWEB検索の「今」

11チャンネルグループ定期ブログマガジン
Elevens

こちらは「これから風俗大手グループで “社会人として” 新たな一歩を踏み出す未来のアナタ 」に送る定期ブログマガジンです。


「ヘイSiri!!」って私も言いたいッ!

こんにちは!プログラマーの癖に 機械音痴 でついこの間もAndroidケータイのWifi設定を先輩にお願いして怒られたへっぽこエンジニアの345(みよこ)です!! … だって普段iPhoneなんだもん … 。

この記事を書いてるヒト


名前:345(みよこ)
所属:本社WEB制作スタッフ
好きなことば:「動いてる間は触るな」

しかし昨今の技術の進歩は本当に素晴らしいものですね。ついこの間まで大人たちがガラケー操作に四苦八苦していたのに、今では小さなお子様だってスマートフォンを持ち歩いています。

最近はテレビCMで「ヘイSiri!!」とか「OK!!グーグル」なんて機能を使っているのを見たことがあるヒトも多いんじゃないでしょうか?ちょっと前までガラケーのちっちゃな画面で「~~のホームページへようこそ!!」みたいなページをセコセコ見ていた私たちから見たら、まるで魔法のようです。 大体ドモって聞き返されちゃうから私は使いませんが。


スマホの普及とWEBマーケティングの変化

ところで皆さま。マーケティングの世界に ベネフィット という言葉があるのをご存知でしょうか。

ベネフィット[benefit]

商品やサービスを購入・利用することで、消費者が得られる価値・価値体験のこと。

つまり 「この商品を買ったらこんな良いことがあるよ」 とか 「この商品を使ったらこんな未来が待っている」 みたいな、商品が消費者にもらたらす価値(=未来)のコトです。

これに反する概念としては、商品の客観的特徴や仕様、性質を表す スペック があります。こちらは皆さまもなじみ深い言葉なんじゃないでしょうか。この2者をよくスターバックスで広げている人を見かけるノートパソコンの代表格【MacBookAir】で見てみると以下のようになりますね。

▼ パソコン(MacBookAir)に見る [ベネフィット] と [スペック]

* スペック
    - OS: Mac OS X
    - 画面: 11インチ/13インチ
    - HDD: 128GB ~ 256GB
    - CPU: 1.6Ghzディアルコア Intel Core i5
    - メモリ: 4GB

* ベネフィット
    - クリエイティブ職の人が多く使っている
    - Appleの洗練されたデザインが手に入る
    - スタバで頭良さそうに見える
    - モテる(※個人差があります)

このように商品の魅力には、細かな仕様である「スペック」 / 商品を手にすることで得られる(であろう)期待・未来を指す「ベネフィット」、2つの側面があるんです。

そして近年、インターネット・スマートフォンの爆発的な普及により、顧客がWEBに求める情報が「スペック」から「ベネフィット」に大きく偏重するようになりました。昨今のWEBマーケティング業界では、「他社より優位性のあるスペックの訴求」から 「ベネフィットをいかに効果的に伝えられるか?」 が重要視されるようシフトしているのです。

一体なぜなのか?今日はそんなお話をしてみます。


冷たい「事実」の羅列から、温かな「生の声」へ

インターネットの普及で「情報を誰でも素早く・簡単に」得られるようになった現代では、スペックの比較がいとも容易く、かつ高速に行われています。

加えて、スマートフォンなどの「いつでも持ち歩くデバイス」やTwitterなどのSNSの普及により、インターネットからの受信だけでなく「ユーザによる発信」が大量に増えたことで、かつて「専門家が発行した公式情報」が殆どだったネット上に、会社員・主婦・学生さん、様々な人の「生の声」が溢れかえるようになっています。

そして、そんなネット上の流行を受けてか、ここ数年は特に 「ユーザーの生の声」へのニーズ が非常に高まってきているんです。

分かりやすい例で言えば、飲食店を紹介するポータルサイト「ぐるなび」と「食べログ」がその典型例。飲食店サイドからのオフィシャルな発信を主としている「ぐるなび」に対して、「食べログ」は実際にその飲食店を利用したユーザーからの口コミに主軸を置いています。近年圧倒的な伸びを見せているのが、後者「食べログ」なのです。

現在両者の月間ユニークユーザー(利用者数)は、ぐるなびが5,200万人で食べログが6,722万人ほど(2015年8月公表分)。ぐるなびが1996年6月頃・食べログが2005年3月頃スタートしており、10年ほどの差があるにも関わらず既に利用者は食べログに軍配があがっています。

事実を列挙するだけの情報から、体温の感じられる「ヒトからの生の声」へのニーズの変化。これはインターネットの利用環境が、スマートフォンの普及で大きく変わったことに関係しているでしょう。

昔「デスクでPCをみてじっくり比較検討 ... 」
            ↓
今「移動中スマホでささっと検索」

→ 時間が、表示画面が、限られているから
【沢山の周辺情報 < 少ない核心情報】

こういった傾向は先述の【Hey!Siri】や【OK!Google】などの「音声検索」にも表れています。自分で検索ワードを組んで自ら一つ一つの情報に当たるのではなく 【キーワード】に対してインターネット上の膨大な情報の中から、自分が求める最適解(=未来)を探し出して欲しい という、ユーザーのニーズを見事に実現しています。

また、食べログの例で言えば、利用者の口コミ・レビューは、その商品を利用した後の【未来の自分からの声】と考えられます。この「食べログ」の急成長からも、ネット上で顧客が知りたがっている情報が、スペックからベネフィット(未来)に移っていることがわかります。


極論すれば、顧客はスペックなんて見てない?

では、商品の品質を無視し、嘘ででっちあげた未来を顧客に想起させることが、マーケティングの本質なのか?それで売上に繋がるのか?と言えば、それはNOだと思います。

商品・サービスのスペックが伴って、初めて効果があるのがベネフィットです。商品の客観的な品質の証明が出来て初めて「このスペックだから、あなたにこんなベネフィット(=未来)を提供できます」とお客様にお約束することができます。

しかし一つ忘れてはいけないコトは スペックだけを見て未来を想起出来るようなお客様は殆どいない ということです。

よほどの専門知識のある人でない限りは、殆どのユーザーにとって、商品のスペックなんてまるで興味が沸きません。スペックから自分の求める「未来」を探し当てられるヒトは、そもそもマーケティングなんかしなくても自分で自分に最適な商品を勝手に探し出してくれます。殆どのお客さんはいつだって「この商品によって自分が得られるベネフィットは何か?」という情報を求めているんです。

自分が将来どうなるか?というイメージで人は買い物をしています。ダイエット商品を売る人が「~~という物質が入っていて」とか「~~先生の認定を受けていて」という話をするのはモチロン大事なコトです。しかしそれよりも「これを使って効果的に痩せることで、一ヶ月後には恋人と熱い夜を過ごすことができるようになります」とか「ビーチを颯爽と歩いてみんなの羨望を独り占めできます」というベネフィットの提示をしなければ、お客様は自分にとって有益かどうか判断できません。

私たちがビジネスの現場で行わなければならないコトは、自分の商品が可愛い過ぎるあまりにスペックを押し付けることではなく、商品を購入した人に対しどんな未来が待っているか?を上手に掴んでいただけるよう、常にお客様目線で考えることなのです。

男性社員・アルバイト 募集情報


社員募集概要

勤務地 東京都新宿区歌舞伎町1-13-4
職種 店舗運営管理
業務内容 ビジネスホテルのフロント業務と同じです。
給料 418,600円 / 月給
(16,100円 x 26日)
賞与年2回、さらにドンドン昇給します!
勤務時間 朝7時~24時
※早番・遅番の2交代制
応募資格 ・20才~27才の男性(若年層の人材育成の為)
・高卒以上
・風俗業界未経験者に限る
待遇 すぐ住める寮あり
交通費全額支給
社会保険完備

高卒以上、不真面目な方はご遠慮ください。
不真面目な業種と言われても真面目に経営しています。